COSMOBEAUTYCOSMOBEAUTY RECRUITING SITE

FACTRY TOUR 工場見学ツアー

国内最高水準の設備を持つ製造工場。製品の開発から製造までを
ワンストップで行うコスモビューティーの心臓部である。

CREW メンバー紹介CREW メンバー紹介

  • プロダクト管理者 製造
  • プロダクト管理者 充填
vision より良い品質の生産を追求vision より良い品質の生産を追求
2015年入社 太田 芙見 プロダクト管理者 充填2015年入社 太田 芙見 プロダクト管理者 充填
  • 1. 生産商品の仕様確認
  • 2. 生産ラインの稼働と巡回
  • 3. 充填機械の組み立てと調整
  • 4. 記録書類の作成
ONE DAY SCHEDULE 1日の流れ
7:30出社
ライン稼働のための立ち上げ準備(生産商品の仕様確認、機械動作の確認など)を行う。
8:30朝礼
連絡事項、その日生産する商品の注意事項などをメンバー同士で確認し合う。
9:00ライン稼働開始
ライン作業者にその日生産する商品および作業内容の説明をし、稼働を開始。
11:30昼休憩
13:30翌日の予定確認、準備
ほぼ毎日違った商品を生産するため、ライン稼働の合間に翌日使用する機械や資材の準備を行う。効率よく動くことが大事。
17:00片付け
製品の生産が予定数に達したら使用した機械、資材を片付ける。
18:00ラインの組み替え、機械の設置
生産する商品によってラインの形、使用する機械が異なるため、商品ごとにあわせて組み替える。作業者が作業しやすくするよう気遣うのも大切。
19:15書類確認
事務所でその日の記録書類をまとめる。
19:30退社
魅力 会社の好きなところは? Favorite point
毎日待っている新たな挑戦
OEM企業なので取り扱っている商品の数が多く、毎日違う商品を生産しています。多くの種類の商品に携われるところが魅力です。
挑戦 チャレンジした経験を一言 challenge point
現場を育てる立場に
自分が先輩という立場になり、後輩を指導することに挑戦しています。ただ、生産ラインを管理するだけではなく、後輩の得手不得手を把握して、現場を育てる体制を少しづつ整えていきたいと考えています。
改善 改善点はどこですか? week point
チームの力を強化
商品数が多いのがやりがいのある部分ですが、裏返せば毎日新たな仕事がやってくるということ。把握するべき事柄が多く、チームで協力することが多くなります。様々な面で活躍したい方にぜひ仲間になっていただきたいです。
魅力 会社の好きなところは? Favorite point
毎日待っている新たな挑戦
OEM企業なので取り扱っている商品の数が多く、毎日違う商品を生産しています。多くの種類の商品に携われるところが魅力です。
改善 改善点はどこですか? week point
チームの力を強化
商品数が多いのがやりがいのある部分ですが、裏返せば毎日新たな仕事がやってくるということ。把握するべき事柄が多く、チームで協力することが多くなります。様々な面で活躍したい方にぜひ仲間になっていただきたいです。

挑戦 チャレンジした経験を一言 challenge point
現場を育てる立場に
自分が先輩という立場になり、後輩を指導することに挑戦しています。ただ、生産ラインを管理するだけではなく、後輩の得手不得手を把握して、現場を育てる体制を少しづつ整えていきたいと考えています。
MESSAGE どんな人と一緒に働きたいですか?MESSAGE どんな人と一緒に働きたいですか?
「常に改善・提案」
世界水準の清潔さを誇る設備に囲まれながら、毎日新しいものに触れることができます。体力、根性のある人や機械を触るのが好きだという人に向いていると思います。自分で積極的によりよいやり方を考え、提案していける人を待っています。

世界水準の清潔さを誇る設備に囲まれながら、
毎日新しいものに触れることができます。

体力、根性のある人や機械を触るのが好きだ
という人に向いていると思います。

自分で積極的によりよいやり方を考え、
提案していける人を待っています。

  • CREW 01プロダクト管理者製造

    自分の担当した商品が店頭に並んでいる光景を目にしたときは心から頑張った甲斐があったと感じます。

    COSMOBEAUTY
  • CREW 02プロダクト管理者充填

    OEMメーカーを選んだのは、ブランドを持つメーカーとは違い、バラエティに富んだモノ創りができるから。

  • CREW 03コンサルタント営業

    提案型のOEMメーカーとして、コンサルタントやマーケット選定、コンセプト設計を行います。

  • CREW 04フォーミュレーター

    確かな品質が求められる中で、当社より規模の大きい他社を退けて商品化が決定したときは達成感を感じる瞬間です。

  • 7:30

    出社

    ライン稼働のための立ち上げ準備(生産商品の仕様確認、機械動作の確認など)を行う。

  • 8:30

    朝礼

    連絡事項、その日生産する商品の注意事項などをメンバー同士で確認し合う。

  • 9:00

    ライン稼働開始

    ライン作業者にその日生産する商品および作業内容の説明をし、稼働を開始。

  • 11:30

    昼休憩

  • 13:30

    翌日の予定確認、準備

    ほぼ毎日違った商品を生産するため、ライン稼働の合間に翌日使用する機械や資材の準備を行う。
    効率よく動くことが大事。

  • 17:00

    片付け

    製品の生産が予定数に達したら使用した機械、資材を片付ける。

  • 18:00

    ラインの組み替え、機械の設置

    商品によってラインの形・使用する機械が異なるため、商品ごとに組み替える。
    作業者が作業しやすくするよう気遣うのも大切。

  • 19:15

    書類確認

    事務所でその日の記録書類をまとめる。

  • 19:30

    退社