スタッフインタビュー

成果は次への意欲に繋がる

大阪本社/研究部

2014年新卒採用入社

近畿大学理工学部応用化学科卒業後、新卒で入社。製造部充塡課を経て、研究部に配属。応用無機合成化学研究室で学び、化粧品業界でも研究員としての新製品の開発に携わり続けることが目標。座右の銘は「一期一会」。趣味はスノーボード、ショッピング、旅行。

入社を決めた理由

大学では、応用無機合成化学研究室で、自己組織化など新しい概念を取り入れた無機ナノ材料の新規合成法の開発研究を行っていました。
大学の学びを活かしたいという思いと、化粧品が好きだったこともあり、就職活動は化粧品会社に絞っていました。活動中に、自社ブランドを持たない OEM 企業なら、いろんな化粧品メーカー製品の開発に携わることができると知り、幅広い知識や技術を身につけられる事業内容と可能性を感じたことから当社を志望しました。


仕事のやりがい、難しさ

研究開発の中で、主にクレンジングや化粧水、乳液、クリームなどスキンケア製剤の開発業務を担当しています。
入社 2 年目でまだまだ知識も浅いですが、一製品の製品開発を任されることも多くなり、先輩や上司にアドバイスをもらってフォローしていただきながら、何度も試作検討を行う中でやっと良い使用感の物を作り出せた時、本当にやりがいを感じます。 いろんな人に試してもらって感想を伺い、「使用感が良い」「また使いたい」と言ってもらえることがなにより嬉しい。試行錯誤を繰り返した甲斐があったと思える瞬間なんですよね。日々の努力が実を結び、成果を実感できると次への意欲がわきます。


今後の展望

まだまだ知識不足で発展途上の身、何度も試作品や他社品を使って使用感を感じ取れるよう訓練し、努力と自分への挑戦は続いています。今携わっているスキンケア製剤の専門知識と開発技術のスキルアップこそ当面の最大の目標。いつの日か「スキンケアはこの人に頼もう」と思ってもらえるような研究員を目指したいと思います。


社内の雰囲気

コスモビューティーは、何事にもチャレンジさせてもらえる会社だと思います。年功序列ではなく、やる気がある人はしっかり評価してもらえます。社長面談で社員一人一人の意見をしっかり聞いてもらえる機会もあり、オフィスも他部署とコミュニケーションが取りやすい開放的な雰囲気。若手社員も多く、社内は活気で満ちています。
また、自身が所属する研究部内も、スキンケアやメイク、トイレタリー、化成品といったさまざまなチームに分かれてはいますが、知識を共有し合って学べる環境。先輩や上司にも相談しやすく、公私問わずどんなことでも話を聞いてもらえます。部署内には同期もいるので、仕事帰りや休日も時間を共にしたりしています。

ENTRY
新卒採用 →
中途採用 →