スタッフインタビュー

自主性を重んじる自由な社風

関東工場/研究部 部長代理

1996年中途採用入社

京都工芸繊維大学工芸学部卒。大学では染色を専攻。他業種での職歴を経て、コスモビューティーへ入社。関東研究部の責任者として部署を束ねる。 座右の銘は「先手必勝」。趣味はお酒、ゴルフ。

入社を決めた理由

大学では繊維の染色を専攻し、卒業後は専攻に近い今とは異業界での仕事に従事していましたが、変化に乏しい業務内容もあって、若いうちにもっと違う経験がしたいという思いが日々高まっていきました。そんな時、当社の募集を見て、当時の自分には新しいことにチャレンジできる社風にとても魅力を感じたんです。
異業種からの転職であり、中途採用ということで当初は戸惑いもありましたが、職歴や世代違いの社員も多く、個が重要視されることから自身が社の一員と実感するに至るに時間は要しませんでしたね。
今は、研究部を統括する責任者として、それぞれの自主性を重視して任務に励んでもらっています。


仕事のやりがい、難しさ

化粧品開発の技量というのは、経験値に比例すると考えます。そういう意味では、当社は試作件数が年間 4000 件に及び、それはとてつもない数字で、業界トップクラスです。これら一つ一つの試作をこなすだけでも、経験値は必然的に上がり、成長できる。とても恵まれた環境にあると思います。
研究部責任者という立場上、会社の利益が上がるという数字の評価や口コミサイトなどで開発商品が高評価を受けていると、単純に喜ばしいですが、社員の成長を知ることもうれしく感じます。


今後の展望

この業界は常に進化し続け、ニーズも多様化し、流行も次々と変わっています。だからこそ、当社自身も常に変化し続けています。
「先手必勝」をモットーに、競合他社にはない当社の総合力を武器に、チャレンジし続けるのみ。社員一人一人が、経験値を高め、積極的にモノづくりに参画していってほしいと思います。責任者の立場にある自身としては、やる気を持って取り組んでもらえるようバックアップしていきたいと考えています。


社内の雰囲気

他の社員が述べているように、風通しの良い自由な社風、個人のチャレンジを応援する姿勢が確立された会社です。良い意味で和気あいあいとした雰囲気で、自主性を重んじています。だからこそ、一人一人の業務にも言動にも責任が課されるといえるでしょう。
それぞれのバックグラウンドも違い、個性的な面々がそろっていますが、教え合い、フォローし合い、刺激し合える環境は当社ならではの特長だと思います。

新卒採用 →
中途採用 →