スタッフインタビュー

失敗を恐れず
前向きにチャレンジ

関東工場/製造部 充填5課

2007年新卒採用入社

山村国際高等学校普通科卒業後、新卒で入社。人見知りなく誰とでも仲良くなれる部のムードメーカー。この春、産休、育児休暇を経て職場復帰。育児と仕事の両立は大変でもお子さんの笑顔に癒される日々。

入社を決めた理由

高校卒業後の進路を決めかねながらも、人の役に立つ仕事がしたいという漠然とした思いがあり、まずはいま一番興味のある関連の仕事に就こうと考えました。
そんな当時、街や CM、雑誌を見たりしている中で深く知りたいと思ったのが化粧品でした。化粧品に対する知識は言うまでもなくまったくなかったわけですが、化粧品は外見を華やかにするだけでなく、使用することで気持ちを明るくし、人を幸せにできるものだと感じていたんです。
コスモビューティーへの入社を決めたのは、会社を訪問して感じた開かれた社風。誰でもチャレンジできる、そのチャレンジを応援してくれる会社だと思い、ここでもっと化粧品に詳しくなりたいという思いにかられました。


仕事のやりがい、難しさ

現在は、製造部充填課のラインリーダーの指導・育成職に従事しています。初めてラインリーダーを任されることを知った時は、新規商品を担当させてもらった時と同じくらい緊張しましたが、これまでの地道な取り組みを認めてもらえたのだと実感でき、とてもうれしかったことを覚えています。
そして、自分が携わった商品が流行ったり、CM で流れているのを目にしたり、店頭でお客様が手に取っている瞬間に遭遇したり時、本当にうれしくてこの仕事へのやりがいを感じます。


今後の展望

ラインリーダーという指導する立場となったいま、頼られたり相談されたりした時に落ち着いて物事を把握し、対応できるように心がけています。
迅速に報告するなど身につけておく一般的な社会性、前向きにチャレンジする姿勢など、今まで自分が先輩から教わり、日々の仕事の中で身につけてきたことを後輩たちにも引き継ぎ、手本となれるよう努める毎日。今後はさらに、「あの人に任せれば大丈夫!」と多くの人に認めてもらえるようになりたいです。充填課での経験を活かして営業など他の部署の仕事にも携わり、仕事の幅を広げるだけでなく人として成長し続けていきたいと思っています。


社内の雰囲気

社内には仕切りがなくオープンな雰囲気で、上司への報告や相談もしやすい開かれた環境です。入社した頃、先輩より報告・連絡・相談の徹底とその大事さを教わりました。当社は、失敗の報告を怠ったり隠蔽したりすることを許さない会社です。きちんと報告し、向き合うことこそが重要。失敗を恐れず前向きにチャレンジできるのは、このような社風にあるからだと実感しています。そして、同僚たちとも仲がよく、仕事で大変な時は支え合い、プライベートでもよく時間を共にします。協調し合える仲間がモチベーションとなっています。「やるときはやる」が自然と身につく、笑顔が絶えない本当に恵まれた職場だと思っています。

ENTRY
新卒採用 →
中途採用 →