スタッフインタビュー

徹底した清浄・清潔への
こだわり

大阪工場/製造部 製造1課 主任

2014年中途採用入社

西野田工業高等学校卒業。新卒で入社。日常生活に必須のシャンプーなどの製造に興味を抱き製造部に配属。約2年の他業種での経験を経て2014年に再入社。現在は主任として新人教育や作業効率を図る業務に従事。趣味は子供と遊ぶこと。

入社を決めた理由

化粧品業界のイメージは、とにかく「清潔」。志望動機としては安易かもしれませんが、清潔感のある業種、環境に身をおいて働きたいと考えていました。
コスモビューティーは、化粧品専門のメーカーではなく、OEM でモノづくりをする会社です。日常自分たちが使用するシャンプーやコンディショナー、ボディソープも取り扱い製品の一部です。これらがどのように作られているのか。そのプロセスを知りたいという思いから入社しました。
工場内はとにかく清潔で、製造の現場も常に清浄・清潔が保たれていて、とても働きやすい環境です。


仕事のやりがい、難しさ

製造部の仕事は、研究部が開発した処方を、作業フローに沿って製造釜へ原料を投入、撹拌、混合していく作業ですが、中には熟練の高度な製造技術が必要な処方もあります。経験をつむ事でハイレベルな処方の製造や、精密なコントロールを要する機械も使う事が出来るようになり、スキルアップを実感できるのが魅力です。
現在、主任という立場にあり、現場作業の危険予知や作業効率の管理が自身の役割です。スタッフの働きやすい環境とは、効率を向上させるにはどうすればよいかなどを考えながら、日々仕事をしています。
自分が担当している製造ラインは商品化への一過程ですが、製造に際して原料などの特性を知ることは必須です。研究部からただ処方を受け取るのではなく、特性を理解して作業に取り組むよう努めています。


今後の展望

他部署はもとより、製造部は仕事のキャリアによって携われる作業が違います。幅広い製品を取り扱う当社ですから、覚えることは限りなくあります。だからこそ、一人一人が向上心を持って、いずれは全員が同じ物を製造できる環境にすることが目標です。ただ、ラインに乗ってモノづくりをするのではなく、商品化に参画する。自分たちの作った商品が市場に出て、お客様の肌に触れる事を意識して作業一つ一つに注力する。そんな高い士気を持って仕事に取り組んでいきたいと思います。


社内の雰囲気

部署によって少しずつ雰囲気は違うかもしれませんが、「風通しの良い会社」というイメージ通り、垣根を越えて仕事をしている感覚を心地良く感じます。仕事が早く終われば飲みに行くこともあり、休日に集まることもあります。同僚は良い意味でライバルであり、刺激し合える仲間。そんな働きやすい環境は、作り出す製品のクオリティにも影響している、そんな気がします。

ENTRY
新卒採用 →
中途採用 →